Record Guide

このサイトでは、かつて流行したレコードやレコードにちなんだ情報をご紹介しております。

そもそもレコードは、1857年フランスのレオン・スコットにより発明されました。振動板に豚の毛をつけススを塗り、音声を紙の上に記録させるというものでした。その後アメリカ人によりLPレコードが発明され、1948年にコロムビア社から初めて発売されました。以来21世紀になってもわずかながらのレコードが生産され続けています。現在はCDやMP3が主流になっていますが、それらには出すことの出来ない、深くて温かいアナログのレコードの音が、今も

人々を魅了し続けています。レコードに針を落とし、ジャケットを見ながらゆっくりと音を楽しむ。かつてレコード全盛期だったころは人々にもそれくらい自分の時間にゆとりがあったのでしょう。当時は、今のおこづかいと比べるとレコードは高価でした。扱い方を間違うとすぐに傷がついてしまい、指で盤面を触れるとカビが生える。ホコリが付着する。そのため聞くたびに盤面を拭き、大切に扱いました。デジタルにはデジタルの良さがありますが、アナログならではの「温かさ」やいい意味での「不便さ」も忘れないでいたいものです。



紹介

名古屋トーカイ抗酸化工法

FourTune ・ 太平洋側の海でも、こんなに綺麗な海があるんですね。とっても綺麗。しかも、島だから、いつもと違う雰囲気で旅気分にどっぷり浸ることが出来ます。ホテル海原 太平洋側の海でも、こんなに綺麗な海があるんですね。とっても綺麗。しかも、島だから、いつもと違う雰囲気で旅気分にどっぷり浸ることが出来ます。海の幸が味わえる篠島の宿泊施設をお探しなら、ココに決まり! 海に近くて、海での遊びも、海釣りも楽しめますよ~!! ・


アナログならではの「温かさ」やいい意味での「不便さ」といえば、私は沸かして飲む麦茶が大好きです。あの香ばしい香りと風味は、大好きだったおばあちゃんを思い出します。夏休みに遊んで帰ってくると、暑い中、いつも沸かしては冷やし、沸かしては冷やししてくれていました。今では、ペットボトルの麦茶もあり便利になりましたが、やっぱり私は沸かしてますね。我が家では、冬でも一年中、冷えた麦茶が冷蔵庫に入っています。(笑)
麦茶だけでなく、私は、お茶が好きで、中国のお茶もよくお土産にもらったりして飲んでいます。癖があって、これはちょっと…というものもありますが、やはり中国の歴史の中、飲み続けられたお茶というのは、体にいいみたいです。効能が強すぎて、お腹にあわなかったものもあり、いろいろ試していたのですが、いい健康茶を見つけることが出来ました。http://nichigetsu.p-kit.com/ このお茶の香りが私は好きです。癖がなく、飲みやすいので、中国茶って構えなくても、初めての方でも飲めると思います。私が進めるお茶をいつも嫌がる家の人が、美味しいといってましたから。

若い頃は、美味しいお店とかにあちこち行ったものですが、いろんなものを食べてみて、結局行き着くのは、我が家でいただく家庭料理。
それが一番美味しいんです。
いくら美味しいお店でも毎日では飽きてしまいます。我が家の家庭料理はおいしかろうが、まずかろうが、あきません。不思議なものですね~。
野菜もスーパーでいくらでも、形も色もいいものがいつでも手に入る時代になりましたが、ホントに安全かと言うと、不安が残ります。
どれだけ農薬をつかっていることやら。
早く使わなきゃと思っていたレモンが、もう駄目だろうと捨てようとして、野菜室の奥を覗いた時、
きれいなままあったのが不気味でした。結局、怖くて捨てましたが…。
安全でおいしい野菜をいただけるって、一番贅沢なことなんだなと、最近思います。
趣味で、畑を作っているお年寄りが私の周りでは多いのですが、その気持ちがなんだか分かってきたような気がします。
http://www.muhiryou.com/は、自然を大切にしたいという思いで、
作った野菜ばかりなのですが、味まで深味のような気がしました。

この前会社でスキャンをしている時に、普段はただ仕事をこなしているだけなのになぜか「スキャンの原理を知りたい」と思ってしまったんです。それで家で鏡とカメラと透明な板とダンボールを使って実験してみたんですが、光の反射で上手く写っていなかったり・・・鮮明に写っていなかったり。所詮は実験ですけど、でもなんとなくスキャナーもこんな原理なのかなとかって勝手に思い込んでいました。すぐに試してみたくなるので不思議だなと思うことは何でもやってしまいます。かといって成功した事が1度もないんですけどね。全て自己満足にすぎないです。そんな私は小学校の頃、父が購入してきたコピーで自分の手をコピーする事が出来るのかと実験した事があります。結果はフタが閉められないから真っ黒になってしまったのですが、あの頃は何を考えていたんでしょうね。そうそう、レントゲンコピーをしている会社http://xpcopy.hp-web.jp/があるんだよって友達が教えてくれました。友達も気になるとすぐ調べたがる人なのでネットを見ていて見つけた気になる事を私にも共有してこようとするんですよね。この友達はお隣の家だし、誕生日も一緒だし、母親同士も幼馴染なんで、姉妹のように育ってきたんで考える事も似てきたのだと思います。勉強も同じぐらいの出来だったので高校も、大学も同じ所に行きました。就職先はさすがに違いますが、会社が近いから朝は一緒に通勤しています。常に一緒なので、考えが似てくるって・・・一体どちらが先に何でも知りたがる子だったんでしょうか。今度はレントゲンコピーについて調べていこうと思います。

女性って他の女性のファッションや持ち物をよく見ていますね。髪形が変わったり、化粧やファッションが変っただけで、いろいろ言われます。近所のお母さんが、ある日突然エルメス バーキン http://www.yochika.com/SHOP/103404/862047/list.html をもって近所を歩いたなんていったら、かっこうのうわさの話題になってしまいそうです。人によってそういう時の感覚は、ずいぶん違うかもしれませんが、妬んだり、悪口を言ったり、こういうのは本当にいやだなって思います。人は人。別に誰に迷惑がかかるわけでもないんだし、何を持とうがおしゃれしようが、自由じゃない。って思うんですが・・・。40代になって、子供が手を離れ、自分にお金をかけられる時間とお金のゆとりが出てきて、おしゃれになった友人がいますが、素敵だと思いますよ。私も子供が巣立つまで、もうちょっと頑張れば!って気合入れて、仕事してますもの。

お土産に頂いた水ようかんを家族で頂きました。この水ようかんは冬限定らしく、福井県で有名なんだよってききました。友達がこの水ようかんが好きで、福井に鮮魚を食べに行ったり、お土産に買ったりする時は、これを買って帰るそうです。そんな大きくはないんですが、持つと重い。開けてみたら箱が型になっていて、全部が水ようかんでした。直接スプーンですくっていただいてもいいですが、包丁で切って、和菓子の器に載せて、モミジの葉っぱなんかをそっと乗せると見た目がきれいで、お客様なんかにも出すと喜ばれそうです。久保田製菓の水ようかんhttp://kubota-mizuyoukan.com/は、添加物が一切入っていないので、冬限定で、夏は作っていないんですよ。どのお店もあまさ、かたさ、食感などこだわりがあって、自分のお店独自の水ようかんを作っているようです。久保田製菓は、沖縄の黒砂糖を使っているので、とろっとした甘さと柔らかさ、そして、香ばしさが売りです。